くらし情報『高畑淳子、藤山直美へ涙のメッセージ 『土佐堀川』で広岡浅子役に』

2017年9月5日 15:37

高畑淳子、藤山直美へ涙のメッセージ 『土佐堀川』で広岡浅子役に

高畑淳子、藤山直美へ涙のメッセージ 『土佐堀川』で広岡浅子役に

女優の高畑淳子が5日、主演舞台『土佐堀川近代ニッポン―女性を花咲かせた女広岡浅子の生涯』顔寄せイベントに、赤井英和南野陽子田山涼成葛山信吾小松政夫三倉茉奈紫とも篠田光亮越智静香、芋洗坂係長、矢部太郎武岡淳一、演出の田村孝裕とともに登場した。

同作はNHK連続テレビ小説あさが来た』の原作としても知られる、古川智映子の『小説土佐堀川』を舞台化。明治時代の女性実業家で、大同生命保険、日本女子大学を設立した広岡浅子の激動の生涯を描く。

もともとは高畑と藤山直美が主演の『ええから加減』を上演する予定だったが、藤山の乳がん治療のため、同スタッフを中心に演目を変更した。顔寄せイベントでは、南野が「九回転んで、十回起きる浅子さんのように、お身体に気をつけてがんばってくださいませ」と藤山のコメントを代読した。

高畑は「大同生命の社長さんが実は『広岡浅子さんは女優さんで言うなら藤山直美さんなんです』とおっしゃったんです」と明かし、「広岡浅子さんのお力、藤山さんのお力、ここにいる皆さんのお力、スタッフ・キャストのお力を借りながら、みなさんが劇場に来てよかったなという作品を作っていけたら」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.