くらし情報『松任谷由実、舞台初日に歓声! メインキャストにのれんプレゼント』

2017年11月28日 04:00

松任谷由実、舞台初日に歓声! メインキャストにのれんプレゼント

松任谷由実、舞台初日に歓声! メインキャストにのれんプレゼント

シンガーソングライターの松任谷由実が27日、東京・帝国劇場で初日を迎えたユーミン×帝劇 vol.3『朝陽の中で微笑んで』の特別カーテンコールに登場した。

同作は2012年に開場101周年目の新たなスタートとなった帝劇と、デビュー40周年を迎えた松任谷のコラボレーションとして誕生したシリーズの3作目。俳優の演技と、松任谷の歌が一体となった空間を作り出す。今回は500年後を舞台に、職を失った中年男性・鳴沢肇(寺脇康文)が、20年前に結婚を約束した女性に生き写しの女性・紗良(宮澤佐江)に出会う。松任谷が1976年に発表したアルバム『14番目の月』に収められた「朝陽の中で微笑んで」がタイトルに選ばれた。

座長・松任谷からは、23日に行われた舞台稽古の初日にメインキャストへ楽屋のれんが贈られた。松任谷自ら楽屋のキャスをと訪ね届けられたのれんは、何百もの色見本から、各キャストの色を松任谷が選んだという。また、初日を迎えた27日には、座長弁当200個が差し入れられた。

初日公演後のカーテンコールでは、名曲「やさしさに包まれたなら」を披露。客席もスタンディングオベーションで熱気に包まれる中、松任谷自らキャスト・アーティスト一人一人を名前を呼んで紹介し、全員で手をつないで歓声を受ける。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.