くらし情報『長澤まさみがベストアクトレス賞 - 映画漬けの1年「この仕事は孤独な作業」』

2017年12月13日 10:00

長澤まさみがベストアクトレス賞 - 映画漬けの1年「この仕事は孤独な作業」

長澤まさみがベストアクトレス賞 - 映画漬けの1年「この仕事は孤独な作業」

女優の長澤まさみ中条あやみ、俳優の坂口健太郎映画監督河瀬直美が12日、都内で行われた「エル シネマ大賞2017」授賞式に出席した。

「エル シネマ大賞2017」授賞式でベストアクトレス賞を受賞した長澤まさみ

ファッション誌『ELLE(エル)』(ハースト婦人画報社)が、独自の視点でその年のナンバーワンの映画を選ぶ「エル シネマ大賞」。3回目を迎える今年は、グランプリのエル シネマ大賞に今年9月に公開されたアメリカ映画『ドリーム』が選ばれ、各部門賞にはエル ベストアクトレス賞に長澤まさみ、エル・ガール ライジングアクトレス賞に中条あやみ、エル メン賞に坂口健太郎、エル ベストディレクター賞に河瀬直美監督が受賞した。

今年の日本映画界で輝かしい活躍をしたエル ベストアクトレス賞には、長澤まさみが選ばれた。黒沢清監督と初タッグを組んだ『散歩する侵略者』の話題に触れて「黒沢監督とはいつかお仕事が出来ればと思っていたんですが、まさかそんな日が来るとは思いませんでした。とても充実した撮影でしたね」と話し、同賞受賞に「本当にありがとうございます。自分が何をやっているのか分からなくなるというか、この仕事は孤独な作業だと思いますので、こうやって賞をいただけることは本当にうれしいことですし、賞をいただくことは良いことなんだなと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.