くらし情報『峯岸みなみ、本当は「激弱」 至福の趣味・観劇に救われ舞台の世界へ』

2018年1月22日 11:00

峯岸みなみ、本当は「激弱」 至福の趣味・観劇に救われ舞台の世界へ

みたいな気持ちでした。でも、オーディションで演出の谷(賢一)さんと台本を読みあったときに、なんとなく、引っかかりがあってくれたような感触を持ったので、受かってから「あの時感じたあれは、本当だったのかもしれない」と思いました。

●追い込まれて握力がなくなった
○舞台上の呼吸から始める

――今は稽古に入られていて(取材は12月下旬)、どういうところが大変だったんですか?

舞台って、その人が選べば、ずっと私のこと見続けることもできるじゃないですか。だから、どの瞬間でも役になってないといけない。でも、私はまだ普通に人のセリフを聞いてしまうんです。動いた方がいいのか、止まっていた方がいいのか、と考えていたら、息もしていしていないくらいガチガチだったらしくて、「呼吸して!」と言われました。まだ初歩的なことが踏み出せてない気がして、むちゃくちゃ焦ります。

――これまでもAKB48としてずっとステージに立ち続けられていますが、それとはまた違う感覚なんですか?
"誰か"としてステージに立つというのはなかったので、難しいです。逆に役者さんは「歌って踊って、すごいね」とおっしゃってくださいますが、それはずっとやってきてますからね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.