くらし情報『『祈りの幕が下りる時』Filmarks&ぴあの初日満足度でダブル1位』

2018年1月30日 13:10

『祈りの幕が下りる時』Filmarks&ぴあの初日満足度でダブル1位

『祈りの幕が下りる時』Filmarks&ぴあの初日満足度でダブル1位

27日に公開された映画『祈りの幕が下りる時』が映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)、映画情報サイト・ぴあ映画生活の映画初日満足度ランキングでともに1位に輝いた。

『祈りの幕が下りる時』

同作は、2010年4月に東野圭吾原作の連続ドラマ『新参者』(TBS系列)としてスタート。2本のスペシャルドラマ『赤い指』『眠りの森』、そして映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』を経て、今回がシリーズ完結作となる。

阿部寛演じる日本橋署に異動してきた刑事・加賀恭一郎が、謎に包まれた殺人事件の真犯人を探すミステリー要素と、事件の裏に隠された人の心の謎を解くというヒューマンドラマ要素で、"泣けるミステリー"と話題となった。

事件の鍵を握る美しき舞台演出家・浅居博美を、阿部と初共演となる松嶋菜々子が演じ、監督は『半沢直樹』などの人気ドラマを手掛けた福澤克雄が務める。事件は加賀の過去と深く関わっており、劇中では「この事件は俺の過去と関わりが強すぎる」と語る場面も。加賀の“最大の謎”がついに明らかになる。

27日公開と同時に大きな反響を呼び、Filmarks(フィルマークス)でスコア4.09、ぴあ映画生活で92.1点をそれぞれ獲得し、映画初日満足度ランキング1位に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.