くらし情報『長澤まさみ、新感線初参加! 髑髏城の次は360°の『メタルマクベス』』

2018年2月22日 04:00

長澤まさみ、新感線初参加! 髑髏城の次は360°の『メタルマクベス』

長澤まさみ、新感線初参加! 髑髏城の次は360°の『メタルマクベス』

東京・IHIステージアラウンド東京で、ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc1・disc2・disc3 Produced by TBSが上演されることが22日、わかった。

同劇場は2017年3月30日に豊洲にオープンし、1,300人以上もの観客を乗せて360°回転する円形の客席が話題となっている。こけら落とし公演として劇団☆新感線の『髑髏城の七人』を、“花・鳥・風・月・極”の5シーズンに分け、全て異なるキャストで、脚本・演出も練り直し、全く違ったアプローチで上演してきた。

この度、次回作として白羽の矢が立ったのは、同じく劇団☆新感線の『メタルマクベス』。2006年に劇団☆新感線と宮藤官九郎が初めてタッグを組んでシェイクスピア作品のアレンジに挑んだ作品だ。舞台を2206年の廃退した近未来と、空前のバンドブームに沸いた1980年代の日本を二重の構造に置き換え、ロックバンドが劇中で生演奏する。初演時は、内野聖陽と松たか子がマクベス夫妻を演じた。

12年ぶりに復活した同作を、宮藤自ら脚本を書き直し、キャストを変え演出にアレンジを加えて、disc1、disc2、disc3と3作連続で上演する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.