くらし情報『サイオス、LifeKeeperのNeoCore向けGeneric ARKスクリプトの公開を発表』

2013年11月1日 08:00

サイオス、LifeKeeperのNeoCore向けGeneric ARKスクリプトの公開を発表

サイオス、LifeKeeperのNeoCore向けGeneric ARKスクリプトの公開を発表
サイオステクノロジーは10月31日、LifeKeeperのユーザーサイトにおいて、XMLデータベース「NeoCore」向けのGeneric ARKスクリプトが公開されたことを発表した。

LifeKeeperは、アプリケーションレベルまで深く入り込んで稼働状況を監視し、問題発生時には自動で待機系システムに切り替えることができるHAソリューション。ソフトウェアを保護対象に加える際の設定作業を簡略化するため、「Application Recovery Kit(ARK)」と呼ばれるスクリプトが提供されているが、未対応のソフトウェア向けに、ユーザー側でスクリプトを自作できる「Generic ARK」と呼ばれる機能も用意されている。

今回、そのGeneric ARKにおいてサイバーテックがNeoCore向けのスクリプトを作成。ユーザーサイトにおいて無償で提供しており、NeoCoreユーザーはLifeKeeperの設定を容易に行えるようになっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.