くらし情報『真野恵里菜の大人の魅力を、監督が絶賛! ワークショップで知り合う』

真野恵里菜の大人の魅力を、監督が絶賛! ワークショップで知り合う

2018年3月8日 20:22
 

関連リンク

・エマ・ストーン、女子スポーツの歴史を変えた“テニスの女王”に! 『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』
・是枝裕和監督、松岡茉優らが上海国際映画祭で舞台挨拶/『万引き家族』
・椎名ひかり「その日の気分や情緒で感想が変わる作品」/『少女ピカレスク』初日舞台挨拶
真野恵里菜の大人の魅力を、監督が絶賛! ワークショップで知り合う

映画『坂道のアポロン』(3月10日公開)の三木孝浩監督が8日、女優の真野恵里菜の魅力について、コメントを寄せた。

同作は小玉ユキによる同名コミックを実写映画化。フジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化され、本格的なジャズサウンドが話題となった。周囲に心を閉ざした転校生・西見薫(知念侑李)が、同級生の川渕千太郎(中川大志)、迎律子(小松菜奈)との交流を通してジャズに目覚めていく。

「ハロー!プロジェクト」より歌手デビューし注目を集め、卒業後は女優に転身。連続テレビ小説『とと姉ちゃん』や、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『刑事ゆがみ』、映画『君と100回目の恋』『不能犯』など、話題作への出演が相次いでいる。『坂道のアポロン』では、清楚で神秘的な良家のお嬢様・深堀百合香を熱演し、中川演じる千太郎に想いを寄せられるも、ディーン・フジオカ演じる桂木淳一に恋心を抱き、やがて人生を左右する大きな決断をする。

原作では高校生の設定だが、映画版では大人の女性として描かれている。三木監督は「映画では(キャラクターたちを)大人チームと高校生チームに分けてみたいなと思った」と意図を明かし、「淳一と百合香、色々経験してきたふたりを、台詞では多くを語らないけど、ふたりの在りようや視線の交わし方でほのめかしたり感じさせたりするような……薫や千太郎が立ち入れない、まだ理解できない大人の世界を、真野さんとディーンさんには演じてもらいたいと考えていました」として、映画化における強いこだわりを語った。

過去にワークショップで知り合ってから真野に魅力を感じていたという三木監督は、「あれからさらに大人の魅力が出てきた感じだったんで、そこが百合香にはまるんじゃないかと思いましたね」とキャスティングについてコメント。真野の演技について「ちょっとした視線の動かし方や、律子のライバルみたいな立ち位置になるけど、別に悪いひとではない感じとか。大人の女性として色々恋愛経験を経た上で、あまり語らないけど意志や思いがあるキャラクターだということと、うまく表現してくれたと思います」と絶賛した。

クールな役柄だった真野だが、撮影現場では知念や中川、小松たちと笑顔の絶えない交流を図っていたという。真野は「お昼休憩の時に小松さんに『ご飯を食べたらバドミントンするよ!』と言われて、4人でやりました。朝から撮影しているのに、お昼休みにこんなに全力でやるんだと驚きました。でもそういう活力が作品の中にも活きていて、その輪の中に入れてよかった」と撮影を振り返った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.