くらし情報『平野紫耀、勢い止まらず! 初主演映画公開&デビュー決定で生まれた熱』

平野紫耀、勢い止まらず! 初主演映画公開&デビュー決定で生まれた熱

2018年3月30日 11:30
 

関連リンク

・Sexy Zone菊池風磨、ジャニー喜多川氏に「馬鹿じゃないの」と怒られた過去明かす
・クエン酸を使った掃除テクニック!ナチュラルクリーニングでお部屋のキレイを保つコツ
・話題の中国人美女・ロン・モンロウ(栗子)、初グラビア挑戦 スタッフを驚かせる一面も
平野紫耀、勢い止まらず! 初主演映画公開&デビュー決定で生まれた熱

●「グループを代表している」気持ち
史上最高に甘い初恋を描き支持を集めた大人気コミック『honey』(目黒あむ著/マーガレットコミックス刊)が実写映画化され、31日より全国で公開される。赤く染めた髪と鋭い眼で不良と恐れられているが、実は好青年の主人公・鬼瀬大雅と、ヘタレでビビりな女子高生・小暮奈緒のラブストーリーは、友情や家族の絆も感じさせる感動作となっている。

主役の鬼瀬を演じるのは、今春King & PrinceとしてCDデビューも決定した平野紫耀。今作で映画初主演を務めるだけでなく、4月からはTBSドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』出演、年内には主演映画第2作目の『ういらぶ。』の公開が決まっているなど、勢いは留まる所を知らない。今回は同作の裏側やグループについての思いなど、平野に話を聞いた。

お風呂の中でも役作り

――今回の作品についての印象はいかがでしたか?

脚本が本当に原作にそっていたので、再現するのは難しいなと思いながらも、演技するのは楽しかったです。「目つきが怖い」という第一印象のキャラクターなので、睨むときに迫力を出してほしいとは、言われました。睨むときの目つきがきつければきついほど、次の笑顔が映えるので、普段からお風呂でも鏡を睨みながらシャンプーしていました。

――最近は舞台で活躍される事も多かったと思いますが、映画との違いはどのようなところにありましたか?

すべてが違いますね。舞台ではリハーサルを1カ月間みっちりやってから本番挑んで、「あそこは改善したいから明日はもう一度トライしよう」ということもできますが、映像では1回撮ってしまったら、取り返しはつきません。早め早めに考えて、ドライ(リハーサル)の時に何パターンか見せていかないといけないんだと思いました。

――映画の公開が近づいてからCDデビューが決まりましたが、改めて気持ちが引き締まったなどの変化はあったのでしょうか?

もちろんもともと気は引き締まっていましたが、CDデビューも重なったので、さらに引き締まりました。エンドロールでも「ジャニーズJr.」じゃなくて「King & Prince」と名前が出るのだと思うと、「グループを代表しているんだからしっかりやらなきゃ」と改めて思っています。――今回の鬼瀬は戦隊もののレッドに憧れていた……という設定でしたが、平野さんは小さい頃何色のポジションに憧れていたんですか?

昔はずっと、敵役が好きだったんです(笑)。ダークな色が好きで、敵側のボスの衣装には黒や金が入っていて、強そうじゃないですか。そちらに憧れていました。

――そこから大人になり、グループの中で自分はどういう存在だと思いますか?

メンバー内では、どういう存在かなあ。ありのままの自分を受け止めてくれるメンバーたちなので、これからも関係が崩れることなく、でも仲良しこよしになりすぎず、頑張っていけたらなと思っています。

●今考えるプロポーズの言葉は!?
○”ハスキーあるある”とは

――今回様々なキラーフレーズが出てきますが、平野さんのお気に入りのフレーズを教えてください。

やっぱり「幸せすぎてバカになりそう」ですね。それを女の子に言えるという鬼瀬くんのピュアさも愛くるしくて、かっこよくて素敵だなと思います。

――アイドルとして、甘い言葉を言う機会も多いですか?

僕、めっちゃ苦手なんですよ! コンサートや番組で「甘い告白」とか、全然できなくて、いつもおふざけに走っちゃうんです。今回はなりきっているので、言いやすかったですが、現実ではもう苦手ですね。逆に、鬼瀬くんを尊敬します。見習わなきゃなって思いますね、アイドルとして……鬼瀬くんはアイドルじゃないか(笑)。

――今回映画の中でも、平野さんのハスキーボイスが印象に残っているのですが、意識されたりはしたんですか?

ずっとハスキーな声なので、意識はしていませんでした。ハスキーで喉が弱いので、ナチュラルにしゃべる感じは、映像に向いているのかもしれません。舞台だと声を張るので、喉に良い紅茶や飴、吸引器も持ち歩いて、すごい荷物になります。今回も喧嘩の時は叫んでいたので、喉のケアをしながら演じていました。これ、”ハスキーあるある”ですね。

佐野岳くんは怖かった

――喧嘩シーンも多かったですが、特に佐野岳さんとのシーンは迫力がありすぎて……。

岳くん、怖かったですね。さわやかなイメージしかなかったので、この人誰!? と思っちゃうくらい(笑)。リハーサルの時から仕上がっていたので、すごいなと思いました。岳くんも名古屋出身なので、撮影の合間に話が盛り上がっちゃった時は、「さっきあんなに怖かったのに、すごく優しいじゃん!」と思いました(笑)。――得意だという腕相撲で勝負されたりは。

負ける気はしないです! 僕も20年間負けたことないので。番組(フジテレビ系『TOKIOカケル』)で山口(達也)くんにも勝っているのでさすがに負けられないですし、もし負けたら山口くんにもらった腕時計を岳くんに渡さなければいけないのかな、という心配はあります(笑)。

――『honey』は恋愛や青春が詰まった作品ですが、自分が演じるにあたって先輩にアドバイスを求めたりはされましたか?

アドバイスは求めなかったです。初主演映画だったので、自分の力だけでどこまでできるのか、知りたかったというのもあり、あえてアドバイスは聞かないようにしていました。恋愛、友情の物語という面では、小さい頃からずっと好きだった山下(智久)くんの『プロポーズ大作戦』を、見返しました。

――作中でも『結婚を前提につき合ってください』というセリフがありますよね。平野さんも結婚願望はあるんですか?

結婚したいとい気持ちはあります。プロポーズを素直に言えるのかが、問題なんですが。フラッシュモブは、起こしたくないですね!(笑) 絶対女の子も困るじゃないですか。もしNoだったときの空気の悪さといったら。2人きりで伝えたいです。

――今、プロポーズの言葉を考えるならどんな言葉にしますか?

ストレートじゃなくて……「これからパパって呼んでくれません?」とか。

――そ、それはどんな意味でしょうか……?

イコール「結婚してください」という……ちょっとめんどくさいですね(笑)。鬼瀬くんみたいに、ストレートに言うかもしれないです!

平野紫耀
1997年1月29日生まれ、愛知県出身。主な出演作品に映画『忍ジャニ参上! 未来への戦い』(14)、ドラマ 中学生日記『実況少女』(11年)、『SHARK』『SHARK~2nd Season~』(14)、舞台『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from帝劇to博多』(16)、「JHONNY’S New Year IsLAND」(18)など。公開待機作に映画『ういらぶ。』(18年公開)。4月からドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS)に出演し、6人組グループ「King & Prince」として5月23日「シンデレラガール」でCDデビュー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.