くらし情報『映画初主演の福原遥「ドキドキや不安な部分がありました」』

映画初主演の福原遥「ドキドキや不安な部分がありました」

2018年3月25日 17:00
 

映画初主演の福原遥「ドキドキや不安な部分がありました」

公開初日を迎えた映画『女々演』が24日、東京・池袋のシネ・リーブル池袋で行われ、福原遥玉城ティナ矢倉楓子(NMB48)、小野花梨齋藤美咲福山康平秋山竜次(ロバート)、高野舞監督が登場した。

本作で映画初主演を果たした福原遥は「本当に公開したんですよね?」といまだに信じられない様子で「皆さん、見ましたか? いかがでした?」と観客の反応を窺うと、客席からは溢れんばかりの拍手が巻き起こった。これに安心した福原は、続けて「自分にとっても初主演の映画だったので、ドキドキや不安な部分がありました。でも皆さんからそう言っていただいてすごくうれしいです」と満面の笑みを浮かべた。

劇中で演じた主人公・女子高生の本庄沙彩役については「一番最初に高野監督から声を低くして欲しいと言われ、その日からプライベートでも声を低く喋ったりしてました」と役作りでのエピソードも。そんな福原に対して高野監督は「可愛らしさが強く声も可愛いので、その雰囲気を抑えるために低い感じでとお願いしました。可愛すぎます」と褒め称えると、福原は慌てて「違います! 声が高かったので!」と否定するなど顔を赤らめていた。

福原扮する沙彩役が通う高校を舞台に、女子高生のブラックな本音を毒々しく演じたキャスト陣。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.