くらし情報『京本大我、舞台初主演 『長靴をはいた猫』原作に人心を操る猫役』

京本大我、舞台初主演 『長靴をはいた猫』原作に人心を操る猫役

2018年3月26日 13:05
 

関連リンク

・Wエンジン・えとう窓口に第1子男児誕生「間違いなく親バカです」
・映画「クソ野郎」の成功で窮地の木村拓哉と二宮和也
・シャーリーズ・セロン、約22キロ増量で“うつ”にまで…壮絶役作り明かす

ジャニーズJr.内のユニット・SixTONESの京本大我が、舞台『BOSS CAT』〜シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より〜の主演を務めることが26日、わかった。

同作はフランスの詩人・シャルル・ペローによる童話『長靴をはいた猫』を原作にアレンジ。中世、現代、近未来をも思わせる時代背景の中で、親の遺産として猫しかもらえなかった三兄弟の次男と、実は稀代の大悪党で王様相手に前代未聞の詐欺をはたらく猫の物語となる。

舞台初主演となる京本は巧みに人々を操る猫役を務め、次男役に個性派俳優の中山祐一朗(阿佐ヶ谷スパイダース)、姫・うさぎ役には、高田翔(ジャニーズJr.)、長男・王様役に細見大輔、三男・オー ガ役に平野潤也(演劇集団円)が名を連ねる。脚本・演出は、鈴木勝秀が務める。

東京公演はよみうり大手町ホールにて7月6日〜8日、大阪公演は梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて7月19日〜22日。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.