くらし情報『阿部寛、大女優のもてなし方を明かすも「これ以上言えません!」』

阿部寛、大女優のもてなし方を明かすも「これ以上言えません!」

2018年4月3日 10:00
 

関連リンク

・速水もこみち、ガンバレルーヤよしこに顎クイ「ドキドキした」<Bの戦場>
・【沖縄国際映画祭】阿部寛、相思相愛の鶴橋監督と映画製作に感慨 早くも次作オファー
・阿部寛、濡れ場に照れ「恥ずかしい」- 鶴橋監督は「いい体」と絶賛

5月18日公開の映画『のみとり』の大江戸プレミア~東京完成披露試写会~舞台あいさつが2日、都内で行われ、主演の阿部寛をはじめ、寺島しのぶ豊川悦司斎藤工風間杜夫大竹しのぶ前田敦子松重豊鶴橋康夫監督が出席した。

2016年公開の映画『後妻業の女』など数々のヒット作を手掛ける鶴橋康夫監督の最新作となる本作は、小松重男の短編集『蚤とり』の人気エピソードを鶴橋監督自ら再構築。江戸時代の江戸を舞台に、越後長岡藩のエリート小林寛之進(阿部寛)が、たった一つの失言で左遷先で猫の蚤とり業を行うことになるが、裏では女性に愛を届ける裏稼業に勤しむ、というストーリーとなっている

この日は冒頭に主演の阿部が口上を行った後に、キャスト陣と鶴橋監督が勢揃いして舞台あいさつ。阿部は「口上で疲れました(笑)」と汗を拭い、「こういう経験は一生ないと思って楽しんでやらせてもらいました」とやり切った様子だった。本作については「鶴橋監督の作品に出るということは僕にとって大変なことでした。お話をいただいた時は二つ返事では受けられないほどのプレッシャーがありましたが、皆さんが僕を助けてくれましたし、寛之進を通じて人の心の温かさを知ることができました」と充実感。阿部が演じる寛之進の亡き妻・千鶴と寛之進の初の蚤とり客・おみね役の一人二役を演じた寺島しのぶは「本当に楽しい一時を過ごさせていただきました。長年にわたってこの作品をやりたかったという監督の願いなので、私も精いっぱいやったつもりです。阿部さんと色々大変でしたけど、頑張りました」と胸を張った。

江戸の女性に愛を注ぐ蚤とり業をスタートさせる寛之進にちなみ、「女性に喜んでもらえるとっておきのおもてなしは?」という質問に豊川は「大竹さんや寺島さんに相当鍛えられました。逆らわない、前に出過ぎない、場合によっては目を合わせない、そういうところで乗り切ってきたような気がします。どうもありがとうございました」と大竹と寺島に恐縮しきり。豊川の回答に同意した阿部も「共演した時に大竹さんと目を合わさず何も喋らなかったら、『すごく冷たいんです』と言いつけられ、それから目いっぱい喋るようにしました。寺島さんはいつも頼りになる方なので、今回は一生懸命気を遣って色んなモノを奢って今まで生き延びてきました。すみません! これ以上言えません!」と答えて笑いを誘っていた。映画『のみとり』は、5月18日より全国公開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.