くらし情報『水道橋博士「たけし軍団の応援よろしく」独立騒動ネタを連発』

水道橋博士「たけし軍団の応援よろしく」独立騒動ネタを連発

2018年4月3日 21:35
 

関連リンク

・『アベンジャーズ』ラストがすごい!加藤浩次、遠藤憲一のネタバレ阻止
・大渕愛子弁護士が第3子妊娠 夫・金山一彦も喜び「ワクワク、ドキドキです」
・たけし『オフィス北野』大黒柱のダンカンに「基本給上げなきゃな」の助言

お笑いコンビ・浅草キッド水道橋博士が3日、都内で行われた映画『ダンガルきっと、つよくなる』(4月6日公開)の応援上映プレイベントに登場。師匠であるビートたけしの独立騒動をネタにしたトークで沸かせた。

水道橋博士

「火消魂」と書かれた衣装で登場した水道橋博士は「大変に炎上しております。オフィス北野の水道橋博士です」と冒頭から騒動をネタにし、衣装について「1週間前に京都で買った。まさかお披露目がここだと思いませんでした」と説明。火のついたたばこのデザインの帽子も見せて、「自分で火をつけて炎上させて自分で火消ししている状況」と自虐的に話した。

そして、映画のタイトルについて「僕には"ダンカン"にしか見えない。『ダンカンきっと、つよくなる』って、完全にかわいがりの映画だと思った。たけし軍団のことを言っているのかなと思った」とボケて、また、「『風雲!たけし城』。ある日、天守閣がないって気付く」と騒動をネタにしたトークを炸裂させた。

さらに、写真撮影時には「たけし軍団の応援をよろしくお願いします。どうぞよろしく。頭も腰も低いたけし軍団です」とたけし軍団をアピール。その後も、「どうぞよろしく」と連発して笑いを誘った。

水道橋博士は1日、ダンカンらと共にブログなどで声明文を発表し、たけし独立の経緯として、オフィス北野の森昌行社長の経営に「明らかな違法行為」や「完全な裏切り行為」があったと告白。森社長がいつの間にかオフィス北野の筆頭株主になっていたこと、会社の役員報酬の金額がたけしにとっては容認できない水準になっていたことなどを明かした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.