くらし情報『スプラトゥーンCMディレクター、新しいSFへの挑戦「もう1歩先」へ』

スプラトゥーンCMディレクター、新しいSFへの挑戦「もう1歩先」へ

2018年4月5日 10:00
 

スプラトゥーンCMディレクター、新しいSFへの挑戦「もう1歩先」へ

TSUTAYAが、プロ・アマ問わず映像クリエイターと作品企画を発掘するプログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」。受賞者には5千万円~の総製作費が用意され、4回目を迎える今年も4月5日から募集がスタートした。4月26日には応募者向けの説明会が開催される。

針生悠伺氏

このタイミングに合わせ、昨年の受賞者4名にインタビューを実施。1人目の針生悠伺氏は、B’z稲葉浩志のミュージックビデオや任天堂・スプラトゥーンのCMなどを手掛けてきた映像ディレクターだ。『2/1イチブンノニ(仮)』でグランプリを受賞した。

心臓移植が必要になった息子を救うために、息子のクローンを培養して育てることを決断した医師・秀夫。子育てを放棄していた秀夫にとって、クローン息子との二人暮らしは悪戦苦闘の日々だったが、次第に愛情が芽生えていく。『2/1イチブンノニ(仮)』は、クローンを通して「愛とは何か」を問いかける。

針生氏が、本格的に映画作りを考えはじめたのは今から約5年前。SFを愛する中で、「クローン」を題材に選んだ理由とは。
○バッドエンドにしたくない理由

――受賞後の反響はいかがですか?

たくさんの方からお祝いのコメントをいただいて、協力してくれた方々とは打ち上げをしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.