くらし情報『草なぎ&香取、太田光監督作を絶賛「この人が作ったとは…信じられない」』

草なぎ&香取、太田光監督作を絶賛「この人が作ったとは…信じられない」

2018年4月7日 11:32
 

草なぎ&香取、太田光監督作を絶賛「この人が作ったとは…信じられない」

SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾が6日、都内で行われた映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)の初日舞台挨拶に、監督を務めた園子温山内ケンジ太田光(爆笑問題)、児玉裕一と共に出席。草なぎと香取が、太田光の監督作を絶賛した。

映画『クソ野郎と美しき世界』は、3人のオフィシャルファンサイト「新しい地図」が初めて製作を手掛けた劇場公開作品。Episode.1「ピアニストを撃つな!」(園子温監督/稲垣出演)、Episode.2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」(山内ケンジ監督/香取出演)、Episode.3「光へ、航る」(太田光監督/草なぎ出演)、Episode.4「新しい詩(うた)」(児玉裕一監督/クソ野郎★ALL STARS出演)の4つの短編からなるオムニバス映画だ。

舞台挨拶では、冒頭から太田監督が大暴走。稲垣のあいさつの場面では「野口五郎さんです」とふざけ、稲垣が「僕のリズムがありますので」とツッコみ、タッグを組んだ草なぎのあいさつの場面でも「うちの草なぎをよろしくお願いします」と口を挟まずにはいられず。草なぎは「ずっとこの調子なので、2人でさっき(舞台挨拶を)やったんですけど、みなさんがいてくれてホッとしてます」と本音を漏らした。

香取のあいさつの場面でも太田監督はじっとしていられず、香取は「つよぽんちゃんと!」「どうにかして」と見張り役の草なぎに頼むも、草なぎも「(太田の相方)田中(裕二)さーん、来てください!」とお手上げ状態。太田はさらに「田中は玉が1個しかないから二子玉(にこたま)には来られない」とお気に入りのダジャレで会場を笑わせた。

暴走のストッパー役に疲れた様子の草なぎだったが、太田監督が「草なぎがとにかくかっこいいですから」と褒めると、「それは監督、感謝しています」と敬意を示し、「こんな人がやってますけど、僕らの映画に対しての情熱だとか、あふれんばかりの気持ちがスクリーンを通してみなさんに伝わると思う」と太田監督を"こんな人"といいながら作品の仕上がりに太鼓判を押した。

さらに、香取も「すごい太田監督の作品、素晴らしかったです」と絶賛し、太田監督は「あ、ほんと?」とうれしそうに反応。香取は「今こう見ていて、この人が作ったとは思えない。信じられない」と続け、会場から笑いが起こった。映画『クソ野郎と美しき世界』は、4月6日より全国86(野郎)館にて2週間限定で公開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.