くらし情報『生田斗真&瑛太、特別な雰囲気を醸し出す2人の"真逆さ"とは?『友罪』SP映像』

生田斗真&瑛太、特別な雰囲気を醸し出す2人の"真逆さ"とは?『友罪』SP映像

2018年4月11日 18:00
 

生田斗真&瑛太、特別な雰囲気を醸し出す2人の"真逆さ"とは?『友罪』SP映像

生田斗真瑛太が出演する映画『友罪』(2018年5月公開)の劇場ロビー用スペシャル映像、及び劇中カットが11日、公開された。

同作は薬丸岳による同名小説を実写映画化し、『64-ロクヨンー前編/後編』の瀬々敬久監督がメガホンを取る。ジャーナリストの夢に破れて町工場で働く益田(生田)と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木(瑛太)。2人は心を通わせていくが、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める。少年犯罪の"その後"、そして極限の友情を描く物語となる。

この度公開された場面写真では、答えのない極限の友情にもがき苦しむ益田に、優しく手をかけ静かに微笑む鈴木の姿が映し出される。友達として鈴木の気持ちが知りたいと願っていたが、不本意ながら鈴木の存在を蔑ろにしてしまった益田が、涙を浮かべ「ごめん……」と謝ると、鈴木は何も語らずそっと肩に手をかける、というシーン。単なる友人関係を超えた空気感も醸し出す1枚となっている。

また、劇場ロビー用特別映像に収録されたメイキング映像では、瀬々監督とともに真剣な表情で撮影に挑む生田斗真瑛太の姿が捉えられた。緊張感漂うシーンの撮影中、益田が抱える様々な葛藤に共鳴し、自然と涙が止まらないこともあったという生田。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.