くらし情報『FANTASTICS、『ママレ』にキュンキュン! 男子目線のポイント語る』

2018年4月19日 10:00

FANTASTICS、『ママレ』にキュンキュン! 男子目線のポイント語る

FANTASTICS、『ママレ』にキュンキュン! 男子目線のポイント語る

ダンス&ボーカルグループ・FANTASTICSが、映画『ママレード・ボーイ』(4月27日公開)を鑑賞し、コメントを寄せた。

同作は吉住渉によって1995年まで少女マンガ誌『りぼん』(集英社)で連載された、シリーズ累計発行部数1,000万部の人気コミックを実写化。2013年からは13年後を描いた『ママレード・ボーイ little』が『ココハナ』で連載されている。両親のダブル離婚・ダブル再婚によって、同居生活することになった女子高生・小石川光希(桜井日奈子)と、同い年の松浦遊(吉沢亮)の恋模様を描く。

同グループのメンバーの佐藤大樹が、光希に恋する同級生・銀太役を熱演。佐藤は「今までの少女マンガ実写化で観たことのない、撮り方をする廣木監督のすごさを実感しました。光希と遊の物語をこのように描くのかと驚いたのと、自分の役を改めて、もっとこうできたなっていうのは感じましたね」と振り返った。

リーダーの世界は、佐藤演じる銀太を「すごく爽やかでした!」と称賛。「恋愛映画ですが、恋愛だけじゃなくて、家族の話やたくさん物語があるので、原作を知らない人でも見やすいし、感情移入もしやすい。光希と遊が携帯で自撮りするシーンも、若い人なら感情移入するんじゃないかなと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.