くらし情報『稲垣吾郎&長谷川博己『半世界』撮了「最高でした」 場面写真も公開』

2018年5月5日 06:00

稲垣吾郎&長谷川博己『半世界』撮了「最高でした」 場面写真も公開

稲垣吾郎&長谷川博己『半世界』撮了「最高でした」 場面写真も公開

SMAP稲垣吾郎が主演を務める映画『半世界』で、稲垣と長谷川博己の場面写真が5日、公開された。また、クランクアップ時の2人のコメントも寄せられた。

同作は、『エルネスト もう一人のゲバラ』、『人類資金』、『北のカナリアたち』などの阪本順治監督が、『団地』に続き挑む完全オリジナル脚本の作品。美しい地方都市を舞台に、炭焼き職人の紘(こう)役に稲垣、故郷に帰還する紘のかつての同級生の瑛介役に長谷川、紘と瑛介の同級生の光彦役に渋川清彦、紘の妻・初乃役に池脇千鶴が挑む。

撮影は、2月14日に三重県でクランクインし、3月15日にクランクアップ。このたび、炭焼き小屋で炭焼き職人として生計を立てる紘(稲垣)の場面写真と、紘の中学からの旧友で元自衛官の瑛介(長谷川)の場面写真が公開された。

稲垣は「実際触れたことのない世界、全く未知の世界なのですが、監督が導いてくださり、スタッフの方がこの世界観を作っていただき、あがりがとても楽しみです。映画職人の皆さんがこだわりぬいて丁寧に丁寧につくりあげていく現場というのが僕にとっては最高でした」と撮影を振り返り、「自分に欠けている部分とか自分にない役を演じることによってまた新たな自分自身の奥行きがでるような、そうして自分自身も深みを増すことができればいいなと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.