くらし情報『キスマイ宮田俊哉、器用ではないからこそ全力で「熱量だけは誰にも負けないように」 真の陽キャへの憧れも語る』

キスマイ宮田俊哉、器用ではないからこそ全力で「熱量だけは誰にも負けないように」 真の陽キャへの憧れも語る

キスマイ宮田俊哉、器用ではないからこそ全力で「熱量だけは誰にも負けないように」 真の陽キャへの憧れも語る

●声の仕事に喜び「幸せだなと思いながら過ごしている」
映画『ブルー きみは大丈夫』(6月14日公開)で実写吹き替えに初挑戦したKis-My-Ft2の宮田俊哉にインタビュー。声優業のやりがいや、自身の持ち味である全力姿勢への思い、今後の抱負など話を聞いた。

本作は、「子供のときに一緒に遊んだ空想の友達が、もしも大人になった今でもそばで見守ってくれているとしたら……」という独創的な発想から生まれた、孤独な少女ビーと子供にしか見えない“もふもふ”なブルーの物語。日本語吹き替え版のブルーの声を宮田俊哉、ブルーを助けるために立ち上がる少女ビーの声を稲垣来泉が演じた。

アニメ声優はこれまでも多く務めてきた宮田。声優の仕事にとても喜びを感じているという。

「声のお芝居はすごく好きです。もともとアニメが好きで、子供の頃からかっこいいなと思ったセリフを家で真似したりしていて、大人になった今、そういうお仕事をさせてもらえるのはすごく楽しくて、毎日幸せだなと思いながら過ごしています」

実写吹き替えは今回が初めて。
「もふもふしたくなるような声色にしたいとのことで、普段自分が話している声より少し高めにしました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.