くらし情報『デザイナーのケイト・スペード、55歳で死去 自殺の可能性も』

2018年6月7日 07:13

デザイナーのケイト・スペード、55歳で死去 自殺の可能性も

デザイナーのケイト・スペード、55歳で死去 自殺の可能性も

人気ブランド、ケイト・スペード・ニューヨークの創設者として知られるファッションデザイナーのケイト・スペードが死去した。55歳だった。ニューヨークの自宅で遺体で発見されたと言われており、自殺の可能性もあるという。

ケイト・スペード(C)BANG Media International

ニューヨーク・タイムズ紙によれば、ケイトはパーク・アヴェニューにある自宅でハウスキーパーによって発見されたようで、遺書を残していたというが、現在のところ正式発表はなされていない。

ケイトは俳優のデヴィッド・スペードの兄である夫のアンディ・スペードと1993年にケイト・スペード・ニューヨークを立ち上げて以来、デザイナーとして輝かしいキャリアを築いてきた。代表的なカラフルなハンドバッグから始まり、後にはアクセサリーや洋服にまで事業を拡大し、10憶ドル(約1,100億円)超えのブランドへと発展した。

ケイトは2006年に株式をすべて売却し、2016年のインタビューの中ではそれが13歳の娘の育児に時間を取るためだったと明かしていた。その際のインタビューでケイトはこう語っている。「休みが必要だったの。娘の育児に専念したかったから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.