くらし情報『内田也哉子氏、戦没画学生の美術館「無言館」共同館主に 亡き母・樹木希林さんの言葉で決断』

内田也哉子氏、戦没画学生の美術館「無言館」共同館主に 亡き母・樹木希林さんの言葉で決断

内田也哉子氏、戦没画学生の美術館「無言館」共同館主に 亡き母・樹木希林さんの言葉で決断

文筆家の内田也哉子氏が、戦争で亡くなった画学生(=美術学校の学生)の作品を集めた美術館「無言館」(長野・上田市)の共同館主に就任し、14日、都内で行われた記者会見に出席した。

○「あなたならではの社会とのつながりを持てるといいわね」

無言館は、97年に館主・窪島誠一郎氏による私設美術館として開館。日中戦争、太平洋戦争で戦死した美術学校の学生や卒業生の作品・遺品などの資料を収蔵・展示している。現在は、戦没画学生約130人による150点(天井画を除く)の作品を展示。収蔵点数は約700点におよぶ。

2022年には、日本テレビ系チャリティー特番『24時間テレビ』内で、無言館設立への窪島氏の奮闘を描いたスペシャルドラマが、劇団ひとりの監督・脚本で放送された。

無言館は、2005年に「無言館京都館 いのちの画室(アトリエ)」を立命館大学国際平和ミュージアム内に開設するなど、立命館と交流を続けてきたが、今回、正式に提携協定を締結。これに伴い、内田氏が窪島氏とともに共同館主を務めることになった。
内田氏は、学生に向けた講演会など、若者たちとの対話や交流を深めていくという。

東海テレビのドキュメンタリー『戦後70年 樹木希林ドキュメンタリーの旅』で、内田氏の母である故・樹木希林さんが無言館を訪れ、窪島氏と意気投合した縁で、内田氏も無言館の成人式で若者たちに手紙を書くようになるなど、交流が生まれた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.