くらし情報『『ブルーピリオド』、原作再現度期待の佐伯先生(薬師丸ひろ子)&大葉先生(江口のりこ)写真公開』

『ブルーピリオド』、原作再現度期待の佐伯先生(薬師丸ひろ子)&大葉先生(江口のりこ)写真公開

『ブルーピリオド』、原作再現度期待の佐伯先生(薬師丸ひろ子)&大葉先生(江口のりこ)写真公開

俳優の眞栄田郷敦が主演を務める、映画『ブルーピリオド』(8月9日公開)の場面写真が21日、公開された。

同作は山口つばさ氏による人気漫画の実写化作。からっぽだった高校生・矢口八虎(眞栄田郷敦)が、1枚の絵をきっかけに美術の世界に本気で挑み、国内最難関の美術大学を目指して奮闘していく物語。美術の経験も才能もない素人が天才的な画力を持つライバル達や、答えのないアートという壁に苦悩しながらも、情熱だけを武器に圧倒的努力で困難を乗り越えていく。好きなことに出会えた高揚感、その先に訪れる葛藤をもリアルに描いている。
○■映画『ブルーピリオド』佐伯先生(薬師丸ひろ子)&大葉先生(江口のりこ)の場面写真公開

今回公開されたのは、八虎(眞栄田)の挑戦を支える美術教師・佐伯先生(薬師丸ひろ子)と美術予備校教師・大葉先生(江口のりこ)の場面写真。出演が発表されると、SNS上で「再現度が高い!」と期待値が上がっていた2人の場面写真が公開となった。

美術の世界に足を踏み入れようか迷っている八虎に、優しくも熱い言葉を投げかける佐伯先生は、いつも穏やかな笑顔を絶やさず、的確なアドバイスとその優しい言葉で生徒たちを後押しする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.