くらし情報『伊集院光、ワールドカップは「時差のある国でやってる方がいい」』

2018年6月19日 21:00

伊集院光、ワールドカップは「時差のある国でやってる方がいい」

伊集院光、ワールドカップは「時差のある国でやってる方がいい」

タレントの伊集院光が、18日深夜に放送されたTBSラジオ『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月曜 深夜1:00~)にて、現在開催中の「2018 FIFAワールドカップ」ロシア大会について語った。

伊集院光

番組冒頭、「東京オリンピックがきますよということに対して、来たら来たで楽しみますけれども」と前置きしたうえで、「やっぱり、オリンピックとかワールドカップとか、世界陸上もそうですけど、時差のある国でやってる方がいいね」と感想を漏らした。

「明日が来るの嫌だから、なるべく夜更かしする」という伊集院は、時差のおかげでワールドカップが深夜に放送されており、見ることができるという。

「もしこれがゴールデンタイムとかにやってたら、僕のサッカー熱だと、モロッコ対イランみたいのは見ないけど、夜にあんまやることなくてモロッコ対イラン見てると、お互いに『ここで勝たないと、他勝つところねぇから』みたいな」と言い、サッカーにそこまで詳しくない伊集院も試合内容に興奮したようだ。

伊集院は「ちょっとした時差じゃなくてなるべく夜中に、ああいうゴージャスなプログラムが見られるような場所でやってくれるのが良いんじゃないかな」と話していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.