くらし情報『U字工事がムード歌謡でメジャーデビュー「事務所がプチバブルに」』

2018年6月28日 14:15

U字工事がムード歌謡でメジャーデビュー「事務所がプチバブルに」

U字工事がムード歌謡でメジャーデビュー「事務所がプチバブルに」

お笑いコンビ・U字工事益子卓郎福田薫らが27日、ニッポン放送のイマジンスタジオで行われた、メジャーデビューシングル発売お披露目記者会見に出席した。

U字工事は27日にシングル「ビギン・ザ・ギンザ」でメジャーデビュー。この曲はニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(月~金曜 11:30~)の放送30年を記念したものであり、作詞を番組パーソナリティの高田文夫が、作曲を高田と親交があり「およげ!たいやきくん」なども手掛けた佐瀬寿一氏が担当する。本格的なムード歌謡となっている。

オファー受けたときの様子を益子卓郎は「うれしさ、ビックリが2割、不安8割。高田先生に『放送後に話があるから』と呼ばれたんです。なんかしくじったかなとプロ野球選手が戦力外通告受けるみたいな感じで行ったら、オファーをいただきました」と明かす。

幼少期にバイオリンを習っていたという福田薫はコーラスとバイオリンで曲に参加。「成果がついに発揮されるときが来ました」と意気込んだ。

そして高田は、過去に故・大瀧詠一さん作曲の「A面で恋をして」の替え歌「冷麺で恋をして」(歌:Take2東貴博)を制作した際のエピソードを告白。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.