くらし情報『横浜流星、中学・高校・現在…3人との出会いがつながった『虹色デイズ』』

横浜流星、中学・高校・現在…3人との出会いがつながった『虹色デイズ』

2018年7月6日 16:21
 

横浜流星、中学・高校・現在…3人との出会いがつながった『虹色デイズ』

●高校の同級生の高杉真宙、中学生のときに出会った中川大志
4人の男子高校生の青春を描いて人気を博した少女漫画『虹色デイズ』が実写映画化され、7月6日より公開された。佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志高杉真宙横浜流星という旬の4人がカルテット主演を務めることでも注目を集める。

それぞれ違う個性を持つ4人が、リアルな青春を過ごす同作では、恋愛模様も描かれていく。横浜が演じた“恵ちゃん”は、3人の恋愛を見守るような立ち位置にいるが、自分も本気になれる恋の相手を探している……という役どころ。今回は横浜に、実際の高校生活や他の3人とのエピソードなどを聞いていった。

○タイプが違う4人に共感

――今回、演じられた恵ちゃんは、いつもニコニコだが実はドS、でも少し4人を見守る立場、という役でしたが、ご自身と比べて似ているところはありましたか?

高校時代の自分に似ていると思いました。明るくてノリが軽くて、何も考えてないように見えるけど実は繊細で周りを見ている。僕も高校時代はすごくやんちゃで、でも実は結構繊細だったんですよ。そういうところを含めて、似ていると思いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.