くらし情報『千鳥ノブ、アロマ焚かれた会見に驚き「クセが強い!」』

2018年7月11日 20:48

千鳥ノブ、アロマ焚かれた会見に驚き「クセが強い!」

千鳥ノブ、アロマ焚かれた会見に驚き「クセが強い!」

お笑いコンビの千鳥が、2日に東京・吉本興業東京本部にて行われた「北海道下川町×吉本興業 SDGs推進における連携協定 発表会見」で司会を務め、ゲストに西川きよし木村祐一、ガンバレルーヤが出演した。

昨年12月に発表された、第1回「ジャパンSDGsアワード」(SDGsの達成に向けて優れた取り組みを行っている企業・ 団体などを政府が表彰)で、最高賞にあたるSDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞を受賞した北海道下川町と、特別賞にあたるSDGsパートナーシップ賞を受賞した吉本興業が、このたびSDGs推進における連携協定を結び、 「プロジェクト“下川町株式会社”」をスタートさせることとなった。

会場では下川町で作られたアロマが焚かれていたため、ノブが「アロマ焚いてる会見なんて、クセが強い!」とおなじみのフレーズを披露。だが、ウケがイマイチだったため、2人して「どうしました!?」と記者に問いかけ笑いを誘った。

北海道下川町長の谷一之氏は、下川町は豊かな資源を元に持続可能な地域社会の実現を目指して頑張っているが、経営資源としての人材や仕組み作りが乏しく、「エンタメ力」が不足していること、そしてその「エンタメ力」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.