くらし情報『若林正恭、自書授賞式での無茶ぶりに「春日がいないと困りますね」』

2018年7月27日 13:15

若林正恭、自書授賞式での無茶ぶりに「春日がいないと困りますね」

若林正恭、自書授賞式での無茶ぶりに「春日がいないと困りますね」

お笑いコンビ・オードリー若林正恭が、17年に発売した著書『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(KADOKAWA)で第3回「斎藤茂太賞」(一般社団法人日本旅行作家協会主催)を受賞し、26日に都内で行われた授賞式に出席した。

若林は「書いてるときにはこんな賞をいただけるとは全然思ってなくて。今の時代は『正論』が強いと思っていて、グレーなことをグレーなまま書いて伝わるかなと思ったんですが、こうやって選んでいただいて、本当に書いて良かったなと思います」と喜びの表情を浮かべた。

また「ピュアな視点、ものの考え方」が高評価の対象となったことにも触れ、「僕、今年39歳でピュアと言われていいのかな」としつつも、「子どもの頃から余計なこと考えるなとか、面倒くさいこと考えるなとか、周りの人に言われてきたので、この歳になってものの考え方を褒めてくれる人がいるんだとうれしかったですね。斎藤茂太先生とか、審査員のみなさんとか、親父とかに『この考え方のままでいけ』と言ってくれたような気がして、すごくうれしかったです」としみじみ。

さらに「お笑いと違って、本はダイレクトな反応がないので、こうやって賞をいただいたら書いてきて良かったなと思うし、これからも細々と書いていこうかなと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.