くらし情報『すち子が「いやや!」とダダこね!? 吉本新喜劇が消費者庁とコラボ』

2018年8月4日 17:36

すち子が「いやや!」とダダこね!? 吉本新喜劇が消費者庁とコラボ

すち子が「いやや!」とダダこね!? 吉本新喜劇が消費者庁とコラボ

吉本新喜劇が、北海道・札幌市内で開催中の「みんわらウィーク2018」(8月1日~8日)で行われている「みんわら花月 特別興行」で、消費者庁とコラボした公演を披露している。

吉本興業と北海道は、北海道を盛り上げ、その魅力を国内外に発信することを目的とした包括連携協定を2016年3月に締結。その一環として、お笑いの輪を全道に広げるイベント「みんわらウィーク」を2016年より開催している。

8月1~6日の6日間開催の「みんわら花月 特別興行」では、吉本新喜劇消費者庁とコラボ。身近な消費者トラブルを笑いながら学べる特別公演を展開中だ。

同公演は、すっちー扮する大阪のおばちゃんキャラクター“すち子”が働くうどん店が舞台。そこへ消費者庁の女性が現れ、架空請求などの悪徳商法が増えていることを伝え、消費者ホットライン「188(いやや)」のポスターを店内に掲示してもらう場面が。そして、すち子が「188(いやや)」を「808(やおや)」などと間違えるボケを連発したり、「いやや!」とダダをこねてみたり、消費者トラブルをネタにして爆笑を誘った。

北海道仕様のセットにも注目。病院名は「みんわら診療所」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.