くらし情報『平手友梨奈の演技に、北川景子が感嘆! 飛び蹴りシーンもワイヤーなし』

2018年8月28日 20:16

平手友梨奈の演技に、北川景子が感嘆! 飛び蹴りシーンもワイヤーなし

平手友梨奈の演技に、北川景子が感嘆! 飛び蹴りシーンもワイヤーなし

映画『響 -HIBIKI-』(9月14日)の完成披露試写会が28日に都内映画館で行われ、平手友梨奈(欅坂46)、北川景子アヤカ・ウィルソン高嶋政伸北村有起哉野間口徹、月川翔監督が登場した。

同作は柳本光晴による人気コミック『響~小説家になる方法~』を実写化。出版不況の文学界に現れた一人の天才少女・響(平手)の行動が様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく。

初主演となった映画に、平手は「絶対無理だと思いました。初めての映画で主演だし、他の皆さんに絶対迷惑をかけるし、飽き性なので、できないなと思ってました」と告白。しかし撮影後には「『まだ響でいたい』と、ずっと思ってました。響が大好きなのはずっと変わってないので」と、演じた役柄への愛を表した。

平手とのシーンが多かったという北川は、「何をするにも"感覚がない"のがすごい」と感嘆。「お芝居に入る時にグッと集中しているように見えるし、響というキャラクターを勉強してきたように見えるんだけど、スイッチが入った感覚もなく、たぶん自然にやられてるんだと思います。私たちは必死に集中しようとしているんだけど、自然に」と、役の通り"天才型"の平手について説明した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.