くらし情報『田中圭、がっつりキスシーンも注目 映画作り手描く舞台『サメと泳ぐ』』

2018年8月31日 17:44

田中圭、がっつりキスシーンも注目 映画作り手描く舞台『サメと泳ぐ』

田中圭、がっつりキスシーンも注目 映画作り手描く舞台『サメと泳ぐ』

舞台『サメと泳ぐ』の公開ゲネプロが31日、東京・世田谷パブリックシアターで行われ、田中哲司、田中圭、野波麻帆、千葉哲也らがコメントを寄せた。

同作は1994年にケヴィン・スペイシー主演でハリウッドにて映画化(邦題『ザ・プロデューサー』)され、2007年にはロンドン・ウェストエンドにて舞台化された。ハリウッドの大手映画製作会社の大物プロデューサーであるバディ・アッカーマン(田中哲司)の元で働くこととなった脚本家志望のガイ(田中圭)は、フリーの映画プロデューサーのドーン(野波)と恋人関係になるが、バディがドーンの企画を利用しよう企み、歯車が狂い始める。

劇中では、田中哲司が大物プロデューサーとして迫力を出し、時にコミカルに周囲を振り回す。また田中圭と野波のキスシーンや、映画界の中での女性の扱いに切り込む台詞も見所となっている。東京公演は世田谷パブリックシアターにて9月1日〜9日。他、仙台公演、兵庫公演、福岡公演、愛媛公演、広島公演を予定している。

○千葉哲也(演出・サイラス役)コメント

硬質な芝居というより、柔らかい中に毒のある作品になっていればいいと思います。僕はどこか力の抜けた演劇が好きなんだな、と改めて実感しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.