くらし情報『川栄李奈「心の中におじさんが住んでいる」との指摘も「逆にバランスがいい」』

2018年10月4日 16:00

川栄李奈「心の中におじさんが住んでいる」との指摘も「逆にバランスがいい」

川栄李奈「心の中におじさんが住んでいる」との指摘も「逆にバランスがいい」

公演初日を迎えた舞台『カレフォン』の記者会見と公開稽古が4日、東京・有楽町のオルタナティブシアターで行われ、廣瀬智紀川栄李奈戸塚純貴柳美稀山崎樹範、演出の鈴木おさむが出席した。

鈴木おさむのオリジナル作品を自ら演出担当した同舞台は、何をやってもうまくいかない日々を過ごす派遣OLの茜(川栄李奈)が主人公のラブファンタジー。茜の古いスマホが突然鳴り出した。声の主は2年前に亡くなったはずの恋人・駿(廣瀬智紀)。茜は駿からの電話で少しずつ前を歩き出す、というストーリーとなっている。

廣瀬は「1カ月みっちり稽古をしてきましたので、それをどれだけ自分たちがお客様に届けられるか、ドキドキとワクワクでいっぱいです」と公演が待ち遠しい様子で、廣瀬とダブル主演を務める川栄も「5人しかいないので稽古の中でも意見を言い合ったり表情が分からなかったら山崎さんがやってくれたりするので、和気あいあいかつ団結しながら稽古ができました。それが皆さんに伝わればいいですね」とアピールした。

同舞台が初舞台となる柳は「思考回路が停止するほど緊張しているんですが、自分が出せるものを出していけるように頑張っていけたらと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.