くらし情報『『オードリーのオールナイトニッポン』の裏側 第2回 奥田泰、2人の“同年代トーク”は「微妙なラインをついてくる(笑)」』

2018年10月19日 10:00

『オードリーのオールナイトニッポン』の裏側 第2回 奥田泰、2人の“同年代トーク”は「微妙なラインをついてくる(笑)」

『オードリーのオールナイトニッポン』の裏側 第2回 奥田泰、2人の“同年代トーク”は「微妙なラインをついてくる(笑)」

お笑いコンビ・オードリー若林正恭春日俊彰がパーソナリティを務めるニッポン放送オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土曜 25:00~)が、10月で放送10年目に突入する。

この連載では、番組に携わる構成作家のチェ・ひろし、奥田泰、藤井青銅、ディレクターの石井玄、そしてパーソナリティのオードリーにインタビューをする他、番組密着やイベントレポートも行う。第2回は、構成作家の奥田泰にインタビューを実施した。

オードリーとの出会い

――奥田さんがオードリーさんの番組につかれたきっかけをお聞かせください。

芳樹さん(宗岡芳樹)がディレクターの頃に、ネタコーナーを強くしたいとなって、声をかけてもらいました。

――確かに奥田さんはナイナイさんのオールナイトニッポンで常連のハガキ職人でしたよね。芳樹さんとは元々接点があったのですか。

芳樹さんが営業から制作に異動になって、『チュートリアルのオールナイトニッポンR』で最初に仕事をしました。その後、ナイナイさんの番組本の制作で一緒にじっくりやらせてもらって、という感じです。

――オードリーさんの番組につかれた時期はいつですか。

13年の1月です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.