くらし情報『有村架純、母親役に初挑戦した思いを吐露「寄り添って演じられれば」』

2018年10月19日 08:00

有村架純、母親役に初挑戦した思いを吐露「寄り添って演じられれば」

有村架純、母親役に初挑戦した思いを吐露「寄り添って演じられれば」

女優の有村架純が18日、都内で行われた主演映画『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』(11月30日公開)の完成披露試写会に、W主演の國村隼、共演の桜庭ななみ、歸山竜成木下ほうか筒井真理子板尾創路青木崇高吉田康弘監督とともに登壇した。

同シリーズは地方のローカル線を舞台に、主人公が自分の生き方を見つめ直す姿を温かく描き、これまでに中井貴一三浦友和が主演を務めた。新作では鹿児島県〜熊本県を結ぶ肥薩おれんじ鉄道を舞台に、シリーズ初となる「女性運転士」の物語を描く。有村は25歳で未亡人となり、夫(青木)の連れ子(歸山)を抱えて夫の故郷の鹿児島で一念発起して鉄道の運転士を目指す主人公・奥薗晶を演じ、國村は晶の義父・奥薗節夫を演じる。

シングルマザーに初挑戦した有村は、どのように役と向き合って演じたか尋ねられると「晶自身も私自身も、母親というものがどういった役割をしているのかわからないところではあったので、そこは自分自身も晶に寄り添って演じられればいいなと思いました」と打ち明け、「実はこのお話は"ある出来事"があってからのお話なので、"ある出来事"が起きるまでの過程って何も情報がなかったんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.