くらし情報『佐藤浩市&渡辺謙、福島第一原発事故に挑む作業員に『Fukushima 50』公開』

2018年11月20日 05:00

佐藤浩市&渡辺謙、福島第一原発事故に挑む作業員に『Fukushima 50』公開

佐藤浩市&渡辺謙、福島第一原発事故に挑む作業員に『Fukushima 50』公開

俳優の佐藤浩市が主演を務める映画『Fukushima 50』(2020年公開)の製作が20日、明らかになった。

同作は門田隆将によるノンフィクション『死の淵を見た男吉田昌郎と福島第一原発』を実写化東日本大震災による福島第一原発の深刻な事故現場で何が起きていたのか。現場と本社、そして官邸との軋轢が起こり、東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った約50人の作業員“Fukushima 50”の物語を描く。

主演の佐藤は、福島第一原発1・2号機当直長伊崎利夫を演じる。また、福島第一原発所長の吉田昌郎役を演じるのは、渡辺謙。同い年の部下・伊崎とこれまで一心同体でやって来たエリート所長役となる。監督は同じく『沈まぬ太陽』で第33回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞し、社会派・骨太な作風に定評のある若松節朗が決定。脚本はNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の前川洋一が務める。クランクインは2018年11月末、クランクアップは2019年1月末を予定している。
佐藤浩市 コメント

忘れる事で前に進む、失敗をしても何度もトライをする、それは生き物の中で人間だけが出来ることです。しかし絶対に忘れてはいけない、繰り返してはいけない事があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.