くらし情報『鬼才・SABU監督、映画『jam』で劇団EXILEに見出した面白さ』

2018年12月2日 11:00

鬼才・SABU監督、映画『jam』で劇団EXILEに見出した面白さ

鬼才・SABU監督、映画『jam』で劇団EXILEに見出した面白さ

●総出演映画『jam』で想像以上にハマったキャストたち
現在、テレビドラマや映画など様々な作品で活躍する、劇団EXILEのメンバー。青柳翔町田啓太鈴木伸之秋山真太郎八木将康小澤雄太小野塚勇人佐藤寛太、野替愁平と、個々に活躍する彼らが総出演する映画『jam』が公開中だ。

主人公となった3人の人生が交錯し、因果応報の物語を作り上げるまさに”jam”な同作。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳)、良いことをすれば意識不明の彼女の意識が戻ると信じ善行を積むタケル(町田)、刑務所からシャバに戻りやくざに復讐を仕掛けるテツオ(鈴木)と、個性豊かなキャラクターを作り上げ、物語を導いた鬼才・SABU監督に、同作について話を聞いた。

○想像以上にハマったメインキャストたち

――今作のメインキャストたちとは、事前に面接のように話をしてから脚本を書かれたそうですね。

青柳くんは『Mr.Long ミスター・ロン』(17年)で一緒だったので、彼とはしていないんですが、町田くんと鈴木くんとは一度話をしました。

――映画を拝見して、町田さんの役は真面目そうなんですが、やや狂気的というか、「いい人っぽすぎて逆に怖い」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.