くらし情報『小松菜奈&門脇麦、女性デュオ役で演奏・歌唱! 秦基博&あいみょん参加』

2018年12月14日 06:00

小松菜奈&門脇麦、女性デュオ役で演奏・歌唱! 秦基博&あいみょん参加

小松菜奈&門脇麦、女性デュオ役で演奏・歌唱! 秦基博&あいみょん参加

女優の小松菜奈門脇麦がW主演を務める映画『さよならくちびる』(2019年5月公開)の主題歌、挿入歌をプロデュースするアーティストが14日、明らかになった。

同作では、数々の大ヒット作を生み出してきた塩田明彦監督が、自らのオリジナル脚本をベースにキャリア初の“音楽映画”に挑戦。インディーズの音楽シーンで一時期話題になった2人組女性バンド“ハルレオ”。解散を決めたレオ(小松)とハル(門脇)は、バンドのサポートをする“ローディ”の志摩(成田凌)とともに、解散ツアーとして、全国を巡る。しかし、レオは志摩に恋を、志摩はハルに思いを寄せ、ハルもレオに友情を越えた感情を抱いていた。

今回、女性バンドを演じる2人が、劇中で実際に演奏し、歌唱も行う。小松は映画やCMなど含め、キャリア初の歌唱演技となり、2人とも数カ月のトレーニングを経て、実際にギター演奏をしながら今回の楽曲を披露できるまでになり、ライブシーンの撮影を成功させた。映画タイトルでもある主題歌「さよならくちびる」をプロデュースしたのは、シンガーソングライターの秦基博。さらに、挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」は女性シンガーソングライターのあいみょんが作詞、作曲、プロデュースした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.