くらし情報『斎藤工、邦画初iPhone撮影に驚き! 回転寿司レーン上にも設置で迫力映像』

2018年12月15日 06:00

斎藤工、邦画初iPhone撮影に驚き! 回転寿司レーン上にも設置で迫力映像

斎藤工、邦画初iPhone撮影に驚き! 回転寿司レーン上にも設置で迫力映像

俳優・斎藤工主演の映画『麻雀放浪記2020』(2019年4月5日公開)のがiPhoneで撮影されたことが15日、明らかになった。

同作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説を実写映画化。主人公・坊や哲(斉藤)がいるのは、2020年の未来。人口は減少し、労働はAIに取って代わられ、街には失業者と老人があふれており、東京オリンピックが中止となっている。1945年の戦後からやってきたという坊や哲が思わぬ状況で立ちはだかった麻雀で死闘を繰り広げる。

2017年に、同じく全編iPhoneで撮影され世界中で高い評価を得た『タンジェリン』(17)を見たプロデューサーが画期的な映像表現に感銘を受け、白石和彌監督もiPhoneでの映画制作を以前から切望していたことが重なり、同作で邦画初となるiPhoneの採用を決意。同年の11月から12月にかけて、常時20台のiPhoneを駆使した撮影を決行した。

通常の映画用機材よりも遥かに小型なiPhoneを使用することで、演者とカメラの距離が縮まり、機動力を最大限活かして躍動感溢れる映像を収めたという。麻雀の対局シーンでは、麻雀卓の上にiPhoneを複数台設置し、ゲームの展開に合わせてカメラポジションを自在に移動させてキャラクターたちの表情を切り取るという手法で、緊迫の心理戦や駆け引きを映し出した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.