くらし情報『鈴木拡樹×山本耕史、2.5次元&『刀剣乱舞』に感じた無限の可能性とは』

2019年1月25日 11:30

鈴木拡樹×山本耕史、2.5次元&『刀剣乱舞』に感じた無限の可能性とは

鈴木拡樹×山本耕史、2.5次元&『刀剣乱舞』に感じた無限の可能性とは

●舞台と映画は違う本丸の物語
名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が、第5のメディアミックスとして実写映画化され、『映画刀剣乱舞』として、1月18日から公開中だ。

舞台『刀剣乱舞』シリーズでもおなじみの鈴木拡樹(三日月宗近役)らに加え、山本耕史、八嶋智人らベテラン陣が参加することでも話題を呼んでいる同作。山本演じる織田信長が本能寺の変で斃れようとしているところへ、歴史を改変しようと目論む"歴史修正主義者"が送り込む時間遡行軍が襲ってくる……というストーリーは、歴史ミステリーの要素を含みながら、さらにアクションやキャラクター性も楽しめるエンタテインメント作品となっている。

今回は、舞台シリーズで三日月宗近を演じてきた鈴木と、織田信長役で重厚な存在感を示す山本にインタビュー。互いの印象や、撮影中のエピソードなど話を聞いた。

○お互いの印象は?

――2人が会われたのはいつぶりですか?

山本:実は昨日も会っているんですよ。

鈴木:僕の出ていた舞台(『「No.9 ー不滅の旋律ー」)を観劇してくださって。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.