くらし情報『高橋一生、初共演・川口春奈の印象「毎日の撮影で崩れていった」』

2019年1月31日 10:00

高橋一生、初共演・川口春奈の印象「毎日の撮影で崩れていった」

高橋一生、初共演・川口春奈の印象「毎日の撮影で崩れていった」

3月1日公開の映画『九月の恋と出会うまで』の完成披露イベントが30日、東京・乃木神社で行われ、ダブル主演の高橋一生川口春奈が出席した。

"書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説"第1位に選ばれた松尾由美による同名小説を、高橋一生川口春奈の初共演にしてダブル主演で映画化した本作。時空を超える一途な思いと切ない嘘に涙する大人のラブストーリーを描く。

劇中では、互いに惹かれ合っていく平野(高橋)と志織(川口)を熱演した2人はこの日、パワースポットでもある乃木神社で心願成就祈願を行った。高橋は「こういったイベントで神殿でお願いすることもないので、この機会により多くの方たちが幸せになってくれたらとお祈りしました」と明かし、川口も「背筋がシャンとしましたね」と神妙な面持ちで「私は1人でも多くの方にこの映画が届いてくれたらいいなと思いながら祈願しました」と話した。

2人は本作で初共演。お互いの印象を問われると、高橋が「川口さんはすごいチャーミング。僕が勝手に抱いていた川口さん像が毎日の撮影で崩れていった感じですね。とっても素敵な方だと思います」と褒め、川口も「とにかく優しいんですよ。お会いして意外だったことはなくてそのままというか、すごく優しいお兄さんでいつも相手をしてもらっています(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.