くらし情報『稲垣吾郎、池脇千鶴にバレンタインチョコおねだり「本気チョコ待っています」』

2019年2月15日 10:30

稲垣吾郎、池脇千鶴にバレンタインチョコおねだり「本気チョコ待っています」

稲垣吾郎、池脇千鶴にバレンタインチョコおねだり「本気チョコ待っています」

俳優の稲垣吾郎が14日、都内で行われた主演映画『半世界』(2月15日公開)の舞台挨拶付き先行上映に、共演の池脇千鶴渋川清彦、メガホンをとった阪本順治監督とともに登壇した。

坂本監督による完全オリジナル脚本の本作は、美しい地方都市を舞台に、悩み多き39歳という人生の折り返し地点を迎えた男性3人が、人生半分を振り返る中で家族や友人との絆など改めて大切なものに気付かされていく"愛"と"驚き"がぎゅっと詰まったヒューマンドラマ。稲垣は炭焼き職人の紘(こう)を演じ、故郷に帰還する紘のかつての同級生の瑛介役を長谷川博己、紘と瑛介の同級生の光彦役を渋川、紘の妻の初乃役を池脇が演じる。

舞台挨拶時に阪本監督が、稲垣を炭焼き職人の役に起用した理由について「彼に新しい景色を見てもらうため」と説明したことを受け、舞台挨拶後の囲み取材に応じた稲垣は、本作でどんな景色を見られたのか質問されると「新しいスタートでもあったんですけど、第1作目としては素晴らしい作品を与えてくださって、景色は皆さんと一緒に見ることができましたし、これから劇場にいらっしゃるお客さんと共有していきたいですね」としみじみ。「映画はすごく好きですし、見るのも大好きなんですけど、その情熱と比べると出演本数は少なかったので、これから映画にもいっぱい参加させていただきたいなって思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.