くらし情報『二宮和也&妻夫木聡、初共演で兄弟役 実在の写真家描く映画『浅田家』』

2019年2月28日 13:52

二宮和也&妻夫木聡、初共演で兄弟役 実在の写真家描く映画『浅田家』

二宮和也&妻夫木聡、初共演で兄弟役 実在の写真家描く映画『浅田家』

アイドルグループ・嵐の二宮和也と、俳優の妻夫木聡が、映画『浅田家』(2020年公開)に出演することが28日、明らかになった。

同作は写真家・浅田政志とその家族を映画化。4人家族の次男として生まれた政志(二宮)が、家族それぞれが“なりたかった自分”をテーマにコスプレで家族写真を収めた写真集「浅田家」が、第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。プロとして活動を始めた最中、東日本大震災が起こり、津波で泥だらけになってしまったアルバムや写真を洗浄、元の持ち主に返すボランティア活動をする人々を約2年間にわたって撮影していく。

実際の写真集「浅田家」と、ボランティアの姿を写し出した「アルバムのチカラ」を原案に、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で様々な賞に輝いた中野量太監督が独自の視点と脚本で、実在する家族の物語に挑む。今回初共演となる二宮と妻夫木が兄弟役となり、家族の「愛の絆」「過去と今」をユーモアを交えながら描き、“家族とは何か?”を深く問いかけていく。撮影は3月~4月、オールロケにて行い、公開は2020年を予定している。
○二宮和也 コメント

(妻夫木との初共演について)たくさんの作品で演じている姿を観ていて本当にうまいなぁといつも感動していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.