くらし情報『『グリーンブック』主演ヴィゴは自ら肉体改造! 監督明かす「20kg以上増量」』

2019年3月16日 11:00

『グリーンブック』主演ヴィゴは自ら肉体改造! 監督明かす「20kg以上増量」

『グリーンブック』主演ヴィゴは自ら肉体改造! 監督明かす「20kg以上増量」

第91回アカデミー賞作品賞受賞作『グリーンブック』(公開中)を引っさげて初来日したピーター・ファレリー監督。これまで弟のボビー・ファレリー監督と共に、『メリーに首ったけ』(98)や『愛しのローズマリー』(01)などの爆笑コメディを手掛けてきたが、本作では実話を基にした痛快なアンサンブルドラマで、初のオスカー像を手にした。

舞台は、人種差別が色濃かった1962年のアメリカ南部。ガサツで無教養だが、頼りになるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)が、インテリの黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)のコンサートツアーで用心棒兼運転手を務め、交流を深めていく。タイトルは黒人用旅行ガイドブック「グリーンブック」を指す。
○■弟ボビー監督がオスカー受賞を予言していた

――アカデミー賞で作品賞、マハーシャラ・アリの助演男優賞、脚本賞の3部門に輝きました。弟のボビー・ファレリー監督も喜ばれたのでは?

弟はすごく喜んでくれたよ。実は授賞式の6カ月前にボビーがこの映画を観てくれた時「この作品はたぶんオスカーを受賞するよ」と一番最初に言ってくれたんだ。その時は「お前は一体、何を言っているんだ?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.