くらし情報『「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第4回 AKS、「丙と複数回個別に会っていたメンバーがいる」疑惑の見解』

2019年3月23日 21:26

「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第4回 AKS、「丙と複数回個別に会っていたメンバーがいる」疑惑の見解

「NGT48山口真帆  暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第4回 AKS、「丙と複数回個別に会っていたメンバーがいる」疑惑の見解

新潟を拠点に活動するNGT48のメンバー・山口真帆への暴行事件に関する第三者委員会の調査結果を受け、同グループを運営するAKSが22日、新潟市内で会見を開いた。出席者は、AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、劇場支配人・早川麻衣子氏、副支配人・岡田剛氏の3名。本企画(「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録)では、時系列に沿って発言をまとめていく。第4回は、開始60分頃から90分頃まで。

○■記者との一問一答の続き

――「つながり」を不問にし、被疑者や運営側に責任を落とし込んでいることに違和感はないのか。

松村:今もずっとご指摘をいただいておりますし、私の方での認識と状況把握の甘さが係る事態を生んでいると思います。やはり、責任者が指揮系統命令をしっかりと通達をしていれば、それに関してちゃんとした報告も上がってくるでしょうし、通達だけではなく、それを引き続き私の方がしっかりと上げるようにと繰り返しやっていればこういう事態にならなかったかなということは私自身深く反省しておりますし、皆様からもご指摘を受けているので、その都度その思いを深くしている状況でございます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.