くらし情報『ジャニー喜多川社長の発想に感嘆…『映画 少年たち』Pが語る製作秘話』

2019年3月26日 11:30

ジャニー喜多川社長の発想に感嘆…『映画 少年たち』Pが語る製作秘話

ジャニー喜多川社長の発想に感嘆…『映画 少年たち』Pが語る製作秘話

数多くのアイドルを生み出す、ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川製作総指揮による、『映画 少年たち』が29日より全国で公開される。1965年から上演されていた舞台『少年たち』シリーズが、2010年に大阪松竹座と日生劇場で復活し、Kis-My-Ft2A.B.C-ZジャニーズWESTなど現在活躍する若手ジャニーズが出演してきた同作が、待望の映画化となった。

今回は2012年の少年刑務所を舞台に、ジャニーズJr.のSixTONES(ジェシー、京本大我高地優吾、松村北斗森本慎太郎田中樹)が赤房、Snow Man(岩本照深澤辰哉渡辺翔太阿部亮平宮舘涼太佐久間大介)が青房、関西ジャニーズJr.のなにわ男子(西畑大吾)、向井康二(Snow Man)、室龍太、Aぇ! group(正門良規、小島健)が黒房に分かれ、物語を展開。さらにHiHi Jets、美 少年、少年忍者、宮近海斗、中村嶺亜といったジャニーズJr.のメンバーたち、戸塚祥太(A.B.C-Z)、横山裕といったスターが出演するという豪華布陣の音楽劇となっている。

今回は、松竹の斎藤寛之プロデューサーにインタビュー。歴史あるこの作品を映画化するにあたって、どのような苦労があったのか、たっぷり話を聞いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.