くらし情報『斎藤工、ピエール瀧容疑者の件で「常に検査してもいい」 役者の信頼問題に』

2019年4月5日 20:18

斎藤工、ピエール瀧容疑者の件で「常に検査してもいい」 役者の信頼問題に

斎藤工、ピエール瀧容疑者の件で「常に検査してもいい」 役者の信頼問題に

映画『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)の公開初日舞台挨拶が5日に都内で行われ、斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー岡崎体育音尾琢真竹中直人白石和彌監督が登場した。

同作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説を実写映画化。主人公・坊や哲(斉藤)がいるのは、2020年の未来。人口は減少し、労働はAIに取って代わられ、街には失業者と老人があふれており、東京オリンピックが中止となっている。1945年の戦後からやってきたという坊や哲が思わぬ状況で立ちはだかった麻雀で死闘を繰り広げる。

テクノバンド・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、白石監督と東映代表取締役社長・多田憲之氏がノーカットのまま公開することを会見で発表するなど、波紋を呼んでいた同作。4日に瀧容疑者が保釈となったことで、舞台挨拶後に斎藤と白石監督が囲み取材に応じた。

斎藤は「保釈されたからといってこちらが変わるわけではないんですが、これだけ大きな波紋が広がることも、想像ができてもいざ目の当たりにして初めて実感されてるんじゃないかなとも思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.