くらし情報『松井玲奈、新婦役で“夫”に怒り「ブチ切れそうでした」』

2019年4月20日 18:41

松井玲奈、新婦役で“夫”に怒り「ブチ切れそうでした」

松井玲奈、新婦役で“夫”に怒り「ブチ切れそうでした」

女優の松井玲奈が20日、沖縄県内で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」(18日~21日)で行われた映画『女の機嫌の直し方』(初夏公開)の舞台挨拶に、主演の早見あかり平岡祐太佐伯大地有田駿介監督とともに登壇した。

放送局と吉本興業が共同制作する「TV DIRECTOR’S MOVIE」部門で上映された同作は、AI(人工知能)研究者・黒川伊保子氏の同名ベストセラーが原案。早見演じるAI研究の理系女子大生・真島愛が、データ収集のため結婚式場でアルバイトし、ウエディングプランナーの青柳誠司(平岡祐太)と担当した結婚式で、脳科学を駆使して男女トラブルを解決していく。

舞台挨拶では、男性悩と女性悩の違いの話に。式の準備を進めるにつれ夫・悠への不満が爆発寸前の新婦を演じた松井は、男性の言動でイラッとした劇中シーンを聞かれると、「お姑さんと自分のどっちにつくかっていうシーンで、どっちにもつけず『じゃんけんで決めよっか』って言うところは、撮影しているときにマジでこの人どうしようと思ってブチ切れそうでした」と告白。「人間って怒りが沸点に達しすぎると体が冷えていくんだなって体感しました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.