くらし情報『松本白鸚、『ラ・マンチャの男』50周年で東宝・松竹の演劇人に感謝』

2019年6月13日 16:02

松本白鸚、『ラ・マンチャの男』50周年で東宝・松竹の演劇人に感謝

松本白鸚、『ラ・マンチャの男』50周年で東宝・松竹の演劇人に感謝

ミュージカル『ラ・マンチャの男』製作発表会見が13日に都内で行われ、松本白鸚、瀬奈じゅん、駒田一宮川浩松原凛子上條恒彦、東宝取締役演劇担当 池田篤郎が登場した。

同作は1965年にブロードウェイで初演を迎え、トニー賞ミュージカル作品賞ほか5部門を受賞したミュージカル。1969年に市川染五郎(現 二代目松本白鸚)主演で日本初演を迎え、今回で50周年となる。名作『ドン・キホーテ』の作者であるセルバンテスが、劇中劇として田舎の郷士アロンソ・キハーナと、キハーナが作り出した人物ドン・キホーテを演じるろいう、三重構造となっている。

2018年1月に襲名し、「真新しいラマンチャでございます。何しろ、主演の俳優の名前が変わりました。本当にまっさらな気持ちで、いつもいつも勇気付けられてきた『見果てぬ夢』という歌を、悲しみを希望に、苦しみを勇気に変えて」と意気込む白鸚。「昨年度松竹さんにて高麗屋三代襲名をさせていただきましたけど、『ラ・マンチャ』は東宝の襲名だと思っております」と思いを表す。

前回公演を観劇し、今回初参加となる瀬名は「終演後にはあまりの感動に涙が止まらず、心が震え立ち上がれないという感動を体験いたしました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.