くらし情報『長澤まさみ、上海国際映画祭で歓声! 中国人気&愛称の意味に驚き』

2019年6月24日 12:00

長澤まさみ、上海国際映画祭で歓声! 中国人気&愛称の意味に驚き

長澤まさみ、上海国際映画祭で歓声! 中国人気&愛称の意味に驚き

女優の長澤まさみが23日、中国の一大都市・上海で開催となる第22回上海国際映画祭の「2019上海・日本映画週間」の、映画『コンフィデンスマンJP』(公開中)公式上映・レッドカーペットイベントに、田中亮監督とともに登場した。

同作は脚本家・古沢良太によるオリジナル作で、コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる。

16日から行われる日本映画週間での公式上映にあわせ、田中監督は前日から上海入り。15日に上海オペラハウスで行われた上海国際映画祭の開幕式で、レッドカーペットに登場した。翌16日には上海曹楊影城で上海国際映画祭の目玉ともいえる「日本映画週間」の開幕式が行われ、田中監督は中国語で「こんにちは! 長澤まさみです!」と挨拶をして会場は大ウケ。「詐欺師たちが悪い奴から大金を騙し取る痛快エンターテインメント映画です。今から観る皆さんも思いっきり騙されて下さい!」と挨拶した。

さらに、23日に行われる閉幕式のレッドカーペットに合わせ、主人公・ダー子を演じた長澤が現地入り。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.