くらし情報『坂口健太郎、山本舞香から「ドロドロ系で」という共演提案に賛同』

2019年7月3日 10:30

坂口健太郎、山本舞香から「ドロドロ系で」という共演提案に賛同

坂口健太郎、山本舞香から「ドロドロ系で」という共演提案に賛同

映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の大ヒット御礼舞台あいさつが2日、都内で行われ、坂口健太郎佐久間由衣山本舞香が出席した。

6月21日に公開初日を迎えて10日以上が経過した本作。「ぴあ映画初日満足度」で1位(6月22日ぴあ調べ)、国内最大級の映画レビューサービスFilmarksでスコア☆4.11を獲得して初日満足度第1位を記録するなど、大きな話題を集めている。

周囲の反響について坂口は「知人が、僕のことを知らない人から勧められたみたいです。この作品は最初、ブログから始まってドラマになり、映画にもなるなど大きな動きをしたので、口コミじゃないですけど、それはすごく感じましたね。最初はじわじわでしたが、昨日も友達から連絡があって、長く見ていただける作品になったのかなと思っています」話した。本作を実の弟と劇場で見たという佐久間は「劇場で泣いてしまって、自然と涙が出てしまいました。弟が横にいるのにやばいなと(笑)。それぐらい感情移入してしまいました。シャイな弟が『面白かった』と言ってくれてすごくうれしかったですね」と笑顔を見せ、山本も「行く現場行く現場で『良かったよ!』と言ってくれたり、反響がすごく良いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.