くらし情報『渡辺謙、ジャニー喜多川氏の意志を継いで「エンターテイメントの底上げを」』

2019年7月11日 10:30

渡辺謙、ジャニー喜多川氏の意志を継いで「エンターテイメントの底上げを」

渡辺謙、ジャニー喜多川氏の意志を継いで「エンターテイメントの底上げを」

7月11日~8月4日(7月16日・23日・30日は休演)に東京・渋谷の東急シアターオーブで公演されるリンカーン・センターシアタープロダクション ミュージカル『王様と私』の囲み取材が10日、同所で行われ、渡辺謙が共演者のケリー・オハラ、演出のバートレット・シャーとともに登場した。

同舞台は『サウンド・オブ・ミュージック』で知られるリチャード・ロジャース(作曲)&オスカー・ハマースタインⅡ(作詞・脚本)の名匠コンビが手掛けたミュージカル黄金期の傑作。2015年にアメリカでリバイバル上演され、アンナ役のケリー・オハラが同年のトニー賞ミュージカル部門の最優秀主演女優賞を受賞、王様役の渡辺が日本人初の最優秀主演男優賞にノミネートされるなど、ブロードウェイで大きな話題を集めた。昨年は同じキャストでイギリス・ロンドンで公演。今回日本で行われる特別公演で、再び渡辺とケリー・オハラの競演が見られる。

ニューヨーク、ロンドンに続き、日本での公演となった渡辺は「日本で公演する時の僕の一番の条件は、ケリー・オハラを日本のお客さん見せて上げたい、というのが一番でした。まずそれが実現してうれしいです。ニューヨーク、ロンドで深めながら作ってきたカンパニーを日本のお客さんに届けられるということは、このカンパニーをケリーと2人で引っ張ってきた誇りのようなものを感じます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.